コラーゲンとは何?コラーゲンの働きと効果

コラーゲンとは何?コラーゲンの働きと効果

コラーゲンとは何か?

人間のカラダを構成する成分で、水分に次いで多いのがタンパク質です。

そのタンパク質の約30%を占めるのが「コラーゲン」。

コラーゲンは皮膚に最も多く含まれ、そのほかに骨や内臓などカラダの様々なところに存在しています。

お肌とコラーゲンは深く関係しているのですね!

コラーゲンの働き

私たちの身体のあらゆる組織に含まれているコラーゲン。

コラーゲンは細胞同士をつなぐ重要なはたらきをしており、
美容や健康の維持に大きく関係しています。

しかしながら、体内のコラーゲンは年齢とともに減少していってしまいます。

20代の頃は体内でしっかり生産されていたコラーゲンが、40代以降になると新しく作られにくくなるのだそう。

40代の私の身体はコラーゲンが減ってしまって、お肌を含めあちこち老化が始まっているのですね・・。

コラーゲンの効果

若々しい肌や健康の維持に関わっているというコラーゲン。

私たちの身体のどんなところに影響があるのか調べてみました!

✔肌 
肌の奥、真皮の約70%はコラーゲンでできています。
その成分は網目状になっていて肌の弾力を保つ働きをしています。

✔髪
頭皮にもコラーゲンが含まれています。
そのため頭皮のコラーゲンが減少するとハリ・コシがなくなる、髪が細くなるなどします。

私も生え際が気になりだしたり、乾燥やうねりなど40歳を過ぎた頃から少しづつ気になり始めました。

✔爪

爪は皮膚の一部だといわれています。
皮膚に多く含まれるコラーゲンは、強くて健康な爪にも欠かせないようです。

✔軟骨

軟骨の成分の50%はコラーゲンです。
年とともに関節痛や腰痛などを感じるのは、軟骨のコラーゲンが減少するからなのですね。

まとめ

お肌以外にも髪の毛や軟骨など、様々なところに存在するコラーゲン。

若々しさや健康なカラダを維持するため、大切な役割をしていることが分かりました。

また40歳を超えると体内のコラーゲンはどんどん劣化し、生産量も激減してしまうのだそう・・。

しみやシワ、たるみなどお肌の老化が気になりつつあるアラフォーの私も、減ってしまったコラーゲンを飲んで外から補いたいと思います!

バッチリ補うならコラーゲン10,000㎎配合↓



 マッチドットコム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする